日本がW杯前最後の強化試合で西野J初白星

ロシアサッカー・ワールドカップの最後の親善試合で、ようやく日本チームは勝利を決めた

2018 FIFAワールドカップ ロシア

2018 FIFAワールドカップ ロシア

私は昨日も夜10時からテレビの前にかじりついていた。西野監督の采配ぶりと、日本チームの仕上がり具合が気になっていたからだ。

今回は、調子がいまいちの本田圭佑(パチューカ)に代わって香川真司(ドルトムント)が入ると聞いていたので、私もある程度は期待していた。

その香川が、攻守にわたって実に切れのあるいい動きをしていた。試合結果も4-2とまずまず。チーム全体にとっても、本番前の良い準備になったことだろう。

収穫は香川と乾貴士(ベティス)が得点を上げたこと。私もようやくホッとしたし、これまで感じていたモヤモヤが吹っ切れた。

これは、この試合を観戦していた国民の皆さんが感じたことだろう。チームの雰囲気もかなり燃え上がっていることは、普段は黒髪の長友佑都(ガラタサライ)選手がこの日は「金髪」に変身していたことでも十分に分かった。

ありがとう香川と、お礼を言いたいが、あと本番までわずか。

ガンバレ西野ジャパン!

              
北面武士