安田純平さんの解放

シリアで武装組織に拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さんが、解放された

イスラム教組織関係者のフェイスブック上に掲載された安田さんの最新画像

イスラム教組織関係者のフェイスブック上に掲載された安田さんの最新画像

このような事態が十分に予測される危険性がある国に自ら飛び込んだわけで、いわば今回のことは「自業自得」「自己責任」。

それでも安田さんは、三年四ヶ月にわたり武装組織に拘束されて、身も心もくたくただろう。何はともあれ、安田さんの解放をまずは、日本国民として素直によろこびたい。ご苦労様でした。

一応解放を仲介したカタール政府は、武装組織側に相当の身代金を支払ったとしているが日本政府は何も支払っていないと言っている。

それぞれの政府の立場は違うわけで、言い分が違うのは仕方ないだろう。

安田さんに言いたいことは、これを教訓にこれ以上無茶な取材をしないことだ。
  

      
北面武士

 

※安田純平氏が、 なぜ「私はウマルで韓国人です」と言ったのか?

解放された安田純平氏が、ことし7月にインターネット上で「私の名前はウマルです。韓国人です」と話していたことが話題になっていた。

不可思議な彼の発言により様々な憶測・意見が飛び交っていた。

帰国の途に就いた安田氏の弁明によると「日本人であることとか、私の実名を言うと、ほかの囚人がきいて、もし彼らが解放された場合、私の監禁場所を知っているので、例えば日本側に通報するとか、ほかの組織に通報するとかしたら、ばれてしまう。だから、実名を言うとか、日本人とか言うのは禁止されていたんです」とのことであった。
敵対勢力及び外部の誰とも監禁場所が特定されないために、実名や国籍を言ってはならないルールがあるそうだ。なんか意味がなさそうであるが・・・ 

Commentsこの記事についたコメント

1件のコメント
  • seironsya より:

    このフリージャーナリスト 安田純平は私利私欲の為、覚悟を決めて行ったのではないか…⁈
    おまけに嘘くさい話…「真偽は不明。

    後に2018年10月に解放された際、安田はインタビューにて、「ウマル」については「イスラム教に改宗しなければならず、そこで自分で『ウマル』というのを選んでいた」と語り、「韓国人」と名乗った理由については、日本側に通報される等を防ぐために武装集団から「実名を言うとか、日本人とか言うのは禁止されていた」と回答…」???
                                    神州不滅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)