女優、黒田福美さんの本「それでも私はあきらめない」を読む

嫌韓本ばかり読んでもと思って、親韓女優である黒田福美さんが書いた「

それでも、私はあきらめない amazon.co.jpより

」と題する本を読んでみた

 

この本は、美人女優である黒田福美さんが27年前に見た不思議な夢に端緒を発している。

それは南洋の浜辺に立つ朝鮮人特攻兵の「僕はここで死んだんです。天皇陛下の為に死んだことに悔いはないんですが、ただ一つ残念なことがあるんです。それはね、僕は朝鮮人だというのに日本の名前で死んだことなんです」と語ったことだった。

黒田さんはその夢の謎解きをして、その特攻兵が知覧から飛び立ったこと、本人の氏名、その前夜に「アリラン」を歌ったことなどを突き止める。

その後、追悼碑を祖国に建てようとする経緯が述べられている。

黒田さんという女優は、実に信念の強い女性で、反日活動家たちの妨害にもめげずに目的達成に進んでいる。

まだ目的は完全に達成されたわけではないが、日本と韓国の関係を理解するのに一読する価値のある本だ。

   
     
北面武士

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)