増大する中国の「不良債権」バブル崩壊の二の舞となるか

シナの企業の巨額融資に伴う不良債権債権問題は、かねてから不安視されていたが、返済期を迎えいよいよ返済が悪化し初めている。このままだと、日本のバブル崩壊の二の舞になりかねない

イメージ 支那の経済崩壊により世界経済が火の海となる

イメージ 支那の経済崩壊により世界経済が火の海となる

 シナ企業全体の負債総額は、今年5月の数字だけで全国の国有企業の負債総額は108兆元(1795兆円)に達している。これは日本の国内総生産(GDP)の3倍以上。シナのGDP80兆元を優に越えている。

大量の負債を抱えているのは、国有企業だけではない。

民間企業を含めた企業全体の負債を始め、地方政府の負債、個人の負債を含めると、一説には全体で200兆元。

つまり日本円で3324兆円という天文学的な数字になるという。

これまでのシナの経済成長と繁栄は、まさに巨額の負債の上に築かれたものなのである。

こうした問題は、融資の返済期を迎えて各地で現れ始めている。

例えば、経営責任者が逃げ出すとか、自殺するという事件が相次いでいる。

このような深刻な問題をシナはどう乗り切るのであろうか?

一歩間違えれは、世界経済の大波乱要因となるだろう。

           
北面武士