ハンセン病訴訟、控訴せず 安倍首相表明

かつて「ライ病」と呼ばれ、人々から恐れられた「ハンセン氏病」について、安倍首相は熊本地裁の判決に控控訴しないことを表明した。

らい菌を発見したアルマウェル・ハンセン

らい菌を発見したアルマウェル・ハンセン

これは安倍首相の異例の政治的な判断と言われているが、このような判断なら大いに結構である。
2001年、ハンセン病患者への隔離政策をめぐり国が敗訴した訴訟で、当時首相の小泉純一郎氏が政府内の反対を押し切って控訴しない決断をした。
その後、元患者に補償金を支払う「ハンセン病補償法」が成立。
この時、安倍氏は官房副長官で側近として所作を見ていた。
今回、「異例のことではありますが、控訴をしないことといたしました」とゆっくりとした口調で安倍首相は話した。
ハンセン氏病の関連家族は、長年にわたり様々な人権差別を受けてきた。
これを国が認めて、それ相応の補償をすることが重要である。

北面武士