トルコの独裁者エルドアン大統領の国際感覚

独裁者のレジェップ・タイイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdoğan)大統領は、国内で反対派を徹底的に取り締まっているが、最近ではそれを外国で行おうとしている

Recep_Tayyip_Erdogan_

Recep_Tayyip_Erdogan_

もちろん、外国には主権があるし、法律も別で自国の法律は適用されない。それを無断で適用しようというのが独裁者のゆえんか?

とにかくエルドアンという男は、政敵と睨んだ相手は外国であろうと逮捕しようとするから大変だ。

最大の政敵、そして3年前のクーデター未遂事件の黒幕と睨んでいるイスラム教宗教指導者のフェトフッラー・ギュレン師とその支持者である「ギュレン運動」の関係者の引き渡しを各国に求めている。

最近もドイツを訪問し、メルケル首相に関係者の引き渡しを求めた。ギュレン師本人の引き渡しも、米国の大統領に求めている。

もっともオバマ前政権も、トランプ現政権も「十分な証拠がない」と引き渡しを拒否している。

なかなか懲りない独裁者ではある…

        
北面武士