サッカー・ワールドカップを無視する支那(笑)

ロシアのサッカー・ワールドカップは、日本、韓国は選手団を送り込んだが、国を上げてサッカー熱を上げているもう一つの国家、シナは沈黙したままだ。この国家はどうなっているのだろうか

イメージ サッカーを応援する人々

イメージ サッカーを応援する人々

今回のワールドカップにシナが全く無関心であったわけではない。それどころか経済界は大きな関心を寄せていた。

その証拠に、テレビの中継画面にはスタンドの壁面にシナの大企業の広告が大写しで表示されていた。

実はFIFAの汚職事件で欧米企業が広告から撤退。

その穴をシナの不動産会社など7社が埋めた経緯がある。さらにアリババグループの動画配信サイトの優酷(Youku)は、10億元を投じてワールドカップのネット放送権を獲得している。

また、大会中には10万人のシナ人観光客が開催地のロシアに乗り込んでいる。

サッカー熱はヒートアップする一方だが、問題はシナ人選手が海外への挑戦をしないことだ。

それというのも、シナのスポーツ選手が国家が育てて報酬を支払う「ステートアマ制度」で育成されているためだという。

このため国家に尽くしても、現役を引退すれば身分は保証されない。体操界のエースが引退後に物乞いになるといったケースもあるのだ。

独裁者の習近平は大のサッカーファンとしてこうした状況を改善しようと必死である。

彼は「シナのW杯出場、シナのW杯開催、シナのW杯優勝」の3つの目標を掲げているが、果たしてこの先何年かかるやら…

           
北面武士