「法の支配」の確立されていない「情治国家」韓国で、また法の番人同士の「内ゲバ」

「情治国家」韓国で、ソウルの中央地検は27日、職権乱用などの疑いで、最高裁の所属機関である「法院行政所」の前次長、林鍾憲氏を逮捕した

大韓民国検察庁の紋章

林氏の容疑は「前韓国大統領、朴槿恵(パク・クネ、박근혜)氏の意向を汲み、元徴用工の民事訴訟の判決を先伸ばしにした」というもの。

朴政権下での民事訴訟そのものが、当時は反日傾向を強めていた朴槿恵氏の意向を汲んだ裁判と見られていた。

それが、左翼の文在寅大統領は、「林氏は地位や役割に照らして証拠隠滅の恐れがある」と判断したという。

つまり、ある意味朴政権の判断を潰そうということのようだ。

それでも、最高裁の判断を執行しただけに、検察と最高裁の法治機関の「内ゲバ」は、いよいよもって韓国内での「法治の不在」を露呈している。

        
北面武士