日本大学フェニックス危険タックル事件

世の中には、悪いことと知りながら、マァいいだろう的な感覚で、安易に悪事を自ら行ったり、人にやらせたりする人間がいるものだ。今回の日大アメリカンフットボール部員によるプレー中の障害事件は、まさにこれに該当する。

nihondaigaku-phenix 日本大学フェニックス
nihondaigaku-phenix 日本大学フェニックス

この事件に関し、当事者である日大アメリカンフットボール部員が22日、事件の真相を記者会見を開いて明らかにした。

弁護士を伴って記者会見を開いたのは、日大三年生の宮川泰介選手。

会見の中で同選手は、焦点の危険なタックルについて「内田正人監督と井上奨コーチの指示で行った」と明らかにした。

事件が内田監督の辞任で、明言がないままうやむやになろうとしていたところ、渦中の選手が自ら真相を告白したことは立派である。

これで真相の解明ならびに関係者の処分も進むであろう。

いずれにせよ、これは刑事事件に発展すると思われる、この際、ことの理否曲直をはっきりさせて欲しいものだ。

              
北面武士

カンヌ映画祭で「万引き家族」がパルムドールを受賞

フランスの第71回カンヌ映画祭で、日本の是枝裕和監督の「万引き家族」が、最高賞の「パルム・ドール(Palme d’Or)」を受賞した。日本映画の最高賞受賞は21年ぶりの快挙である

「万引き家族」は、題材はどうかなと思うのだけれど、報道によれば<祖母の年金だけをたよりに、家族ぐるみで万引きをして生活する一家を見つめ、家族のあり方などを問いかけている作品>らしい。

現代は、さまざまなことが原因で生活が困難な人々が多くなっている。そうした人々にスポットライトを当てた作品のようだ。

カンヌ映画祭では、作品を観賞した審査員からは「並外れた作品だ」「感動した」といった感想が聞かれた。それだけに良い作品なのだろう。

映画界では、黒沢明監督が世界的に有名だったが、その後の日本映画が世界的に話題となるような話はあまり聞かない。

是枝監督は、今後の目標として「海外の役者と一緒に仕事をしたい」とも話していることは心強い限りだ。

是枝監督の今後の活躍に期待したい。

              
北面武士

ヘンリー王子とメーガン妃の結婚式でカリー総裁主教が説教

ロンドン郊外のウィンザー城で19日に行われたヘンリー王子メーガン妃の結婚式で、アフリカ系米国人のマイケル・ ブルース・カリー(Michael Bruce Curry)総裁主教(米国聖公会)が説教を行った。この説教は型破りなもので、英国王室の新時代を象徴するものであっ

Bishop Michael Curry AMAZING Sermon at Prince Harry and Meghan Royal Wedding     私も早速、ユーチューブを見てみた。

カリー主教は、教壇にタブレット端末を置いて、身振り手振りで説教を行った。

同主教は、時には冗談を言いながら、主として愛について語ったが、「愛には力がある」とは殺されたキング牧師が愛用した言葉だった。

その他、人類の進歩について、この結婚式にさまざまな人間が参列した点を挙げ、「神を愛せ、隣人を愛せ」と訴えた。

確かに型破りな説教ではあったが、私は素晴らしい説教だと思った。参列者の中にはけげんそうな顔をする人もいたが、大半は時折笑みを浮かべて楽しそうだった。

また合唱団の歌が「スタンド・バイ・ミー」(私のそばに立っていて)というのも良かった。

              
北面武士

日大アメリカン・フットボール部内田正人監督の後味の悪い辞任劇

日大アメリカン・フットボール部内田正人監督が、同部選手の悪質な反則行為問題で責任を取って辞任した。はた目には、内田監督が反則行為を命令したのは明らかだと思われるが、その点に関して同監督は明言せず、何とも後味の悪い辞任劇だった

イメージ アメリカン・フットボール
イメージ アメリカン・フットボール

スポーツ選手は、公明正大なスポーツマンシップがあるからこそ一般に尊敬されている。

それに対し、今回の日大フットボール部側の反則行為は、明らかに「卑劣な行為」としか言い様がない。後方から無防備の選手に猛烈なタックルをして倒しているわけで、大きな怪我をしたのも当然と思われる。

人間は不意を突かれると弱いものである。何しろ防御することができないのだから。

報道によれば、内田監督は不意討ちを加えた選手に「相手クォーターバックを壊してこい」と指示したようだ。しかし、この選手も監督の指示無くしてこんな明確な反則行為をするわけがない。

指示に従わなければならなかったと考えるべきだろう。

すべては内田監督の指示によるもので、その意味では同監督の責任は重い

 

北面武士

ヘンリー王子とメーガン・マークルのロイヤルウェディング

英国のヘンリー王子Prince Henry, Duke of Sussex)が、米国人女優のメーガン・マークルさんと結婚した。英国王家の男性が米国人女性と結婚するのは80年ぶりだ。だがメーガンさんの母親はアフリカ系米国人で、英国ではそれ以上に論議を巻き起こしていた。この二人の結婚は、人種問題に関して英国社会に大きな変革をもたらすだろう

Harry and Meghan going to church in 2017 From Wikimedia Commons, the free media repository
Harry and Meghan going to church in 2017 From Wikimedia Commons, the free media repository

二人の結婚は「開かれた英王室」を象徴するものとなった。メーガンさんは、ダイアナ妃の葬儀の棺桶に添付されたヘンリー王子の母に当てた手紙のことを知ってヘンリー王子のことを意識したと伝記本に書かれている。

ダイアナ妃が死去したのが35歳で、この日結婚したメーガンさんがちょうど35歳とあって、二人の間には不思議な因縁を感じる。

あるいは、メーガンさんは、英国王室の一員となること以上に、心の中で社会活動や国際的な地雷撤去運動などダイアナ妃が熱心に取り組んでいたことの後継者となる決意をしているのかもしれない。

Harry (seated) on a 1987 Christmas card with his grandparents, brother, and cousins Peter and Zara Phillips
Harry (seated) on a 1987 Christmas card with his grandparents, brother, and cousins Peter and Zara Phillips

              
北面武士

2018 FIFA World Cup Russia ワールドカップ ロシア

あと1ヶ月後に迫ったサッカー・ワールド・カップ、ロシア大会だが日本サッカー協会は18日、待ちに待った代表候補27人を発表した

国際サッカー連盟(FIFA  Fédération Internationale de Football Association)
国際サッカー連盟(FIFA  Fédération Internationale de Football Association)

選ばれたのは主として海外で活躍している選手だった。

今の旬の選手ではなく、これまでの実績を重視した選出となったが、私はある意味で当然の選出だと思っている。

やはり、海外で長年厳しい環境の中で研さんを積んできた選手は力があるし、頼りにもなる。

外国人選手との競いあいで自分を磨いてこないと生き残れないからだ。

長年親しんだ本田、岡崎、香川などの海外組が、ワールド・カップの本番でどのようなパフォーマンスをして、相手チームを撃破してくれるかが今から楽しみだ。

日本チームのメンバーたちよ、全力で戦ってくれ。日本国民も最後まで応援しているぞ!

              
北面武士

辞任続出で迷走するホワイトハウス

トランプ大統領の下で有能な政府スタッフが次々と辞めている。このままでは、外交を担当する国務省が機能不全に陥りかねないと心配されている

Seal of the United States Department of State
Seal of the United States Department of State

トランプ大統領は今月8日、イランとの核合意からの離脱を表明したが、その直後に核拡散問題のエース級専門家であるリチャード・ジョンソン(Richard Johnson)氏が辞職した。

ジョンソン氏は、数週間前まで何とか合意を維持しようと、英仏独などとの話し合いを続けてきたが、結局この努力は報われなかった。

国務省の同僚によると、ジョンソン氏の辞任は「大きな損失だ」という。

現在のトランプ政権では、上級政府職員が相次いで辞任しているが、人材の流出が顕著なのが国務省である。

トランプ大統領は、キャリアの外交官を軽視しており、特にティラーソン国務長官の下で職員の士気は急低下したという。

職員を大悪党扱いするやり方が、リチャードのような専門家を流出させている」と言った指摘もある。

おそらくこのままだとトランプ政権には「そして誰もいなくなった」ということになるのではないだろうか・・・
  

            
北面武士

西城秀樹さん 63歳で死去

歌手の西城秀樹さんが死去した。私たちより一回り若い世代の歌手だったが、一時代を築いただけに改めて時間の過ぎ去るのが早いことを感じる

西城秀樹さんと言えば、「ヤングマン」などの馴染み深いヒット曲を飛ばした活力あふれる歌い手だった。

野口五郎、郷ひろみと共に「新ご三家」と称されて一世を風靡した。でも、平成15年と23年に脳梗塞を発症し、以後闘病生活を続けていたらしい。少しテレビで見かけないと思っていたら、そうした事情があったのだ。

まだ63歳であった。早すぎる死だけに、その死が惜しまれる。

最近は私の周辺でも、死去する人が相次いでいる。3ヶ月ほど前には、私の長年の友人だった人間が、倒れて頭を打ったことが原因で亡くなった。74歳だった。
また最近は、元下仲人をして頂いた方が亡くなった。

いずれ人間は、この世を離れてあの世に行くのであるが、何歳まで生きるのかは神様に任せる以外にない。

              
北面武士

北朝鮮、「一方的核放棄強要」なら米朝首脳会談再考とうそぶく

北朝鮮の金桂寛(Kim Kye-gwan 김계관)第一外務次官は16日、「米国が一方的な核放棄を強要するなら、米朝会談に応じるか再考せざるを得ない」との談話を発表した。南北首脳の会談で「雪解けムード」を演出していた北朝鮮が、土壇場でいつもの狡猾な手口で揺さぶりに出た形だ

朝鮮労働党ポスター FromNaenara
朝鮮労働党ポスター 
朝鮮労働党ポスター FromNaenara
朝鮮労働党ポスター FromNaenara
朝鮮労働党ポスター FromNaenara

 

 

 

 

 

北朝鮮の言うことは決して信用できない。

これまでの米国の歴代政権は、融和政策を採用しながらも、いつも北朝鮮に裏切られて核開発を許してきた。

その結果が、今回のクレイジー・ファット・ボーイである金正恩の「核保有国宣言」につながったと言える。

この度の談話を発表した金桂寛第一外務次官は、対米交渉のエキスパートと言われている。どの段階でどんな揺さぶりをかければ、どう反応するかを知り尽くしている。

金次官は、特に「超たか派」と言われているボルトン大統領補佐官に焦点を当ている。ボルトン氏の発言を持ち出し、名指しで非難しているのだ。

もっとも、アメリカは「会談しても止めてもかまわない」と、両にらみの姿勢だが、いずれにせよ会談に応じないで困るのは北朝鮮の方である。

私は、なんだかんだ言いながらも、結局は北朝鮮は会談に応じると見ているのだが・・・

              
北面武士

イスラエルとイランが「ミサイル応酬」

ゴラン高原 ドルーズ派住民の入植村の遠景
ゴラン高原 ドルーズ派住民の入植村の遠景

トランプ大統領が、イランとの核合意を離脱したことで、イスラエルとイランとの軍事衝突が頻発している。世界では、この軍事衝突が本格的な戦争に発展しないか、危惧する見方が広まっている

アル・クナイティラ施政区域 ゴラン高原
アル・クナイティラ施政区域 ゴラン高原

このほど、シリアに展開するイランの革命防衛隊は、ゴラン高原のイスラエル軍拠点をロケット弾で攻撃した。

この数ヶ月間、イスラエルはシリア国内のイランの軍事拠点への攻撃を続けてきたが、今回初めてイラン側が反撃した形だ。

最近の対立激化の一因となったのは、やはりトランプ大統領のイラン核合意からの離脱発表である。

イラン側にしてみれば、アメリカの離脱により、イスラエルと軍事衝突をしても失うものは少なくなったと感じ、攻撃に出たと言えそうだ。

イラン国内の反米強硬派は、トランプ大統領の決定に反発しており、「欧州など他の合意締結国も合意を継続しないようなら、イランは核開発を再開する」と宣言している。

せっかくの和平プロセスが、トランプ大統領の軽率な決断により、だいなしになりそうだ。

               
北面武士